推しがいて良かった〜!ってお話

めでたく(?)春から社会人になってしまったわけでして。

そりゃね、ラッキーなことに世間ではホワイトな部類の企業に居ますしやっぱり労働環境は良いです。

そういう意味では恵まれてるんですけど、学生時代の専門と全然分野が違うので、時々大丈夫かな〜ここに居てもいいのかな〜〜って気持ちになって。

自分の足りない部分もそれなりに見えてて、やらなきゃダメなことも分かってるのになかなか実行に移せてないあたり口だけ人間だな〜ダメだ〜〜って自己嫌悪もあり、それなりに色んな負荷がかかってたのか肌荒れやらなんやらがすごい……夜ふかしグセも抜けません。

 

で、日々の支えが推しの存在なんですが。

春休みあたりに突然ミッチー沼に転げ落ちました。 

DVD借りたり買ったりであれこれ観て、CDもちょっとずつ揃えて。たぶんこの時間がなかったらほんとに土日はやることもなく天井を見つめて過ごすクズになってた気がします(わりと本気で)

  

社会人になったらお金はあるけど時間はない!みたいなの想像してたんですけど、実際のところ

 

・お金はある(けど、払わなきゃならないものも多いしちょっとは貯めたいしそもそも新卒だからそんなに稼いでないので結果的にない)

・時間もある(けど、手放しではしゃげるほどの時間はない)

 

…………。

もう少し頑張ってきちんと稼いで推しに投資しよう〜と思えるだけよし。

 

 

で、最近観たミッチー出演作ですが。

相棒とか代表作はいろいろあるけど、ここでは映画に絞って。

 

【ビジュアル賞】

漂流街 THE HAZARD CITY(2000)

チャイニーズマフィアの役。性癖がアレだしよく分からないままあっさり死んでしまう。けどとことん美しい。卓球シーンが見どころ。

【良キャラ賞】

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号(2015)

ドライブの時の劇場版。仮面ライダー3号/黒井恭一郎役で出演。完全なバッドエンドではないですがとにかく終盤がつらかった!好きです。

【ネタ賞】

20世紀少年 第1章 終わりの始まり(2008)

途中で出てくるヴィジュアル系ロックバンドのボーカリスト役。バンド名はおろか名前もないです。ナイトメアと一緒で、YOMIさんとツインボーカルでした。ギラギラしてるミッチー、堪らないです。

【総合大賞】

CASSHERN(2004)

実写映画オリジナルキャラ、日興ハイラル社員の内藤薫役。レビューを見る限り賛否両論というか、デビルマンに次ぐポンコツ映画と言われがちな実写CASSHERNですが、内藤薫のために観る価値はあります。

美しいビジュアルもさる事ながら、何度か観ていくうちに気づく内藤薫の背負うものにめちゃくちゃ苦しい気持ちになりました。あまりに救いのないバッドエンド。泣きます。長時間と要素爆盛りが苦にならない方はぜひ。

 

 

で、この前はサクラダリセット(後編)観てきました。朝イチの回しかやってない上にまさかのシアターに一人ぼっち。困惑しながらも独り占め楽しんできましたよ。

ネタバレ注意ですが下記からレポです。


f:id:kukkamaki:20170605205532j:image


f:id:kukkamaki:20170605205538j:image


f:id:kukkamaki:20170605205559j:image


f:id:kukkamaki:20170605205611j:image


f:id:kukkamaki:20170605205626j:image

 

次は連弾が観たいなあ。

推しのおかげで今日も明日も頑張れます〜〜ありがとう。