読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学ねこ、逝く。

雑記

 

大学に住んでいた猫が亡くなりました。

入学以来、ずーっと一緒に過ごしてきた仲間のような存在でした。

別に大学が飼っているとか誰かが連れてきているとか、そういった猫ではなかったので、世間では野良猫と呼ばれる猫ちゃんなんですけど。

ずっと前から学内で暮らしていて、なんとなくみんなに受け入れられていた不思議な猫でした。時折生協委員の学生たちで身体をあらってあげたりしていたようです。人慣れしていて、賢くて。老猫なのは知っていましたが、なんでも聞いた話によると10年はこうして暮らしていたんだとか。大先輩でした。

 

自動ドアは自分で開けて、自分も学生だとでも言うかのように学内を歩き回っていました。講義の時にはふらっと現れて空席にちょこんと座っていることも。

夜遅く、司書課程の講義の時は建物の入口で待っていて、見知った顔が入ってくるとにゃーんと甘えた声で足元に擦り寄って、エレベーターや階段までもちょこちょこ着いてきました。わたしの膝の上で一緒に講義を受けたこともあったね。覚えているかなあ。

 

そんな勝手知ったる猫なので、誰に躾られたわけでもないのにあまり悪さはしませんでした。

お昼ごはんを狙ってくっついてきたり、膝の上で寝て寝ヨダレ垂らされたくらいしか思い出せないです。

 

みんなに愛されているといっても、やっぱり野良猫なのでお腹を空かせていまして時折カリカリやささみを持って行ってあげました。ちゃんと専用の寝床も部室棟の側にあったんです。

 

亡くなる前、体調を崩していた時にはボランティアの方が病院に連れて行ってくださったそうです。思えばあの頃、くしゃみや目やにが増えていたように感じます。

 

行事の時は決まって見物に出てきていたので、卒業式にも会えるかな?と思っていた矢先のことでした。

わたしがもっとマメに足を運んで様子を見てやれたらとか、もっときちんと面倒を見られるようになにか行動を起こしていたらとか。訃報を聞いたときから後悔は尽きません。

もっと側にいてあげられなくてごめんね。

来世はどうかうちの猫に生まれておいで。

 

たくさん遊んでくれてありがとう。

一緒にいられたのはわずかな時間でしたが、みんなあなたの事が大好きでした。

 

またね、ケンタ。



f:id:kukkamaki:20170228213934j:image


 

R.I.P.

今日も今日とて娘。がかっこいい。

アイドル

 

BRAND NEW MORNING (ハロ!ステ Edit.)、ついに公開されましたね~!!

音源が公開されたときには正直、そこまでグッと来てなかったんです。やっぱり前作「セクシーキャットの演説/ムキダシで向き合って/そうじゃない」の熱を引きずりすぎてて!

まあ~ムキダシ熱は近年の自分の中で異常でした……聴けば聴くほど自分の中で気持ちが高まっていっちゃって、ヒトカラなのをいいことに10連続で入れたり、終いには割りとガチで振りを覚えようとしてみたりしてました。というか、いまだにしてます(笑)

 

で、今作なんですが。

PV見たらいつものようにアッサリ落ちました。

衣装やフォーメーション、なんとなく「愛の軍団」や「TIKI BUN」の雰囲気を思い出します。

集団行動を取り入れたのかな?交差の動き、揃った足並み。見とれてしまいます。

狭いステージでやるときはいつかのどぅーみたいにだれかが壁の後ろを通ったりするんだろうか。

12期がずいぶん大人っぽくなりましたね。CDTVで13期の横に立って話を聞いてた時にうんうんって頷いていたはーちんの姿とか、ぐっときれいになったちぇるの雰囲気とか。けど、まりあとあかねちんにはもう少し子供でいてほしいって思ってしまう自分がいます(笑)

そして13期。研修生からの加入とはいえスキル高すぎやしませんか……前はぼんやりと新メンバーデビューだし、わりとポップな方向に行くのかな〜って思ってました。それこそまじですかスカ!みたいな曲とか。

さゆが卒業する前、特番で放送されてたMUSIC JAPANでおださくが「研修生っぽいダンスと今のは違う、意識が変わった」みたいな事を言ってたのも思い出しました。

PV観て、娘。'17攻めるわ〜!つよいわこの子達!ってのが最初の感想です(笑)

最初からガシガシ踊れる子達だし、年齢層が離れていないこともあってか(良い意味で)初々しくない。浮いてない、っていう方が正しいですかね?馴染んでると思います。

早くも'17でMステとか出ないかな〜!って期待してます。この子達をもっと世間に知って欲しい〜〜!!!

 

あと、春ツアーで'17ちゃんのマンパワーが観たいんですけど叶いませんか……まーさくで吉澤高橋パート観たい……けどあれ腰の負担すごいですもんね、まーちゃんが復帰できても控えるかな? 

ジェラシージェラシーのPVも楽しみにしています。

 

わたしの推しは。(ハロ編)

アイドル

お題「あなたの推しはどこから?私は○○から」

このお題見るのめちゃめちゃ好きなんです。

で、ずーっと私の推しはどこから?って考えていたわけなんですけど。箱推し型なので絞って○○!って言うのが難しいんだなあ(笑)

 

たぶん、人生初めての推しはミニモニ。じゃないかな?って思います。ちっちゃい頃好きだった!今でもジャンケンぴょんとかカラオケで入れてしまいます。

その流れで、幼稚園児にして娘。3rdアルバムをずっと聴いてました(笑)

その後、2013年くらい?に唐突に娘。熱が再燃しまして、出戻り勢ですがそれ以来また追いかけています。

道重さゆみさんの卒業以降は箱推し寄りですが、現メン各期で今注目しているのは

です。

えりぽんは本当に成長したなあ!って思います。歌唱力に関してはやっぱりライバル多数という感じなんですが、彼女なりの表現力がついたように感じています。かっこよさマシマシ!!それと最近のえりぽんはとにかく色気がすごい。ふくちゃんとはまた違ったウェットな色気を醸しつつ、えりぽんのキャラクターのせいか健康的な色気に仕上がってて……!

カメラワークの関係で大きく映るところが少ないんですけど、このところ髪はストレートで下ろしていたことが多かったのでギャップにやられました。ヘアスタイルで採用。

続いてマサキこと佐藤優樹ちゃん。ド天然まーちゃん。まーちゃんもここ数年でぐぐっとかっこよさが増しましたね!先輩たちの卒業も相次ぎ、末っ子まーどぅーも今ではすっかり先輩なんですね。歌い方が変わって、ほんとは喉に負担かけるから良くないんだろうなあ、ずっとやっていていい発声ではないんだろうなあと思いつつもまーちゃんのがなり歌唱がすごく好きです。何この子つよい!!って印象に残る声。引き出しが多い子だなあ。ヘルニアの療養で今は活動を休止していますが、戻ってくる日を待っています。

最後の踊れ〜OKがとにかくかっこいい!ガシガシ踊るまーちゃんが好きです。実はこれ(といってもメドレーなので絞れてない)とTokyoという片隅で迷いました。Tokyoはな〜〜〜センターにでてくるまーさくが強いんだよなあ〜〜〜!!!

 

11期に関してはそもそも単独加入なので誰推しとかそういうアレじゃないんですけど、おださくはオーディションのBe Aliveがすごく印象深いです。研修生だったのでもちろん一般枠で受けている子達とは差がついていて当然かと思いますが、それにしても圧倒的に歌唱力が抜きん出ていたなあと。

で、ここで持ってくるのがBe Aliveじゃないのか!って感じなんですけど('16武道館のBe Aliveはもちろん大好きです。成長したおださくの歌声が沁みる……!)

「女が目立ってなぜイケナイ」プラチナの再来に留まらず、自分たちの色を出しながら進化し続ける彼女たちをもっと見ていたくなります。その中でも一際輝くおださく……!しっとりした歌から力強い歌まで自在に歌いこなすおださく、強いです。

 

ちぇるは最初、完全にノーマークだったんです(ごめんね)

やっぱりその時期はさゆロスから抜けきれずにいまして。で、遅ればせながらもわたしが「この子こんなに歌えるんだ!」って気づいたのはこれを観た時です。

まーちゃん、あゆみんにちぇる。最初は結構大人っぽくてセクシーな曲だし、まだ早いんじゃ?って思ってたんです。でもね、全然そんなことなかった!安定した歌声、この曲にピッタリでした。えりぽん、あゆみん、はるなんあたりは時折音がブレてしまうことがあるんですけど、ちぇるはあまりブレを感じません。シングルでいったら、「ムキダシで向き合って」で冒頭の「本性は〜」のパートに抜擢されたのもそんな所以かなと。

ちぇるには時折鞘師の面影を見ることがあります。なんて言うか、体格とか顔立ちに近いものがあるせいもあるのかな?と思うんですけど。いずれ12期が一番先輩になったときに、圧倒的なスキルでグループを牽引してくれるのはこの子なんだろうなと思わせてくれる存在です。

 

そして期待の新人13期!横山玲奈ちゃん!

13期オーディションを受けたのちに2016年8月に研修生入り。同年12月に13期メンバーとして選ばれました。同じく13期のかえでぃーは研修生としてのキャリアも長く、満を持して娘。加入した子なんですけど、玲奈ちゃんはまさかの大躍進ですね。もちろん、デビューさせるだけの素質を見込まれてのモーニング娘。加入とは思いますが、これからキャリアの長い先輩たちの中で揉まれてどんな風に進化していくのか、とっても楽しみです。とにかく笑顔が素敵!

まさにアイドル!って感じの笑顔です。モーニングみそ汁のMVもめちゃめちゃ可愛いんです……!

 

来月にはいよいよ13期初参加シングルがリリースされますね。期待が高まります!

身体も気持ちもゆっくり休んで回復してほしいですが、はやく13人のモーニング娘。'17が叶うといいなあと思っています。まってるよ、まーちゃん!

 

「耳をすませば」と「図書館の自由」

雑記

この話は何番煎じだ、というほど何年もの間ずーっと議論がされていますが。

司書課程を学んだ身として、改めて考えさせられることがありました。何かのご縁があってここをご覧いただいた皆様、少しの間お付き合いくださいね。

 

耳をすませば

皆様ご存知の通り、月島雫と天沢聖司の恋愛を描いたお話です。原作は漫画ですが、タイトルを聞いて皆さんが思い浮かべるのはスタジオジブリのアニメ映画が最も多いのではないでしょうか。

この作中で、雫と聖司を結びつけたキーアイテムとして、図書館の貸出カードが描かれます。

※ちなみに、2017/01/27の金曜ロードSHOW!放送時に「図書カード」というワードがTwitterのトレンドに入っていました。まあ意味が通じないこともないのですが、通常「図書カード」というと金券、「全国共通図書券」としての図書カードを指しますのでこの場合はやはり「(図書館の)貸出カード」と呼ぶのが最適でないかと思います。

 

図書館の自由に関する宣言

 「図書館戦争」をご覧になった方の中には、内容はうろ覚えだけど聞いたことがある!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

思想善導機関と化した戦前の反省を元に、1954年に採択・1979年に改定されたJLA(日本図書館協会)による宣言です。

この宣言の中に、このような文章があります。

第3 図書館は利用者の秘密を守る

 読者が何を読むかはその人のプライバシーに属することであり、図書館は、利用者の読書事実を外部に漏らさない。ただし、憲法第35条にもとづく令状を確認した場合は例外とする。
  図書館は、読書記録以外の図書館の利用事実に関しても、利用者のプライバシーを侵さない。 
 利用者の読書事実、利用事実は、図書館が業務上知り得た秘密であって、図書館活動に従事するすべての人びとは、この秘密を守らなければならない。

日本図書館協会図書館の自由に関する宣言」より

図書館の自由に関する宣言

興味のある方はぜひ上記のリンクから全文を見てみてくださいね。

こうして書くと少し難しく感じるかもしれませんが、要は「誰がいつ来たか、何を読んだかは一般人だろうが職員だろうが秘密だよ」ということです。

もちろん図書館員は貸出や返却の手続き、延滞の督促を行う時などにこれらの情報に触れることがありますが、あくまでも仕事の上で取り扱う情報なので業務上必要な範囲でしか見ませんし、記憶していたとしても興味関心などから誰かに口外してはいけません。

以前、村上春樹氏の過去の貸出履歴が他者によって公開され物議を醸しましたね。この時も「図書館の自由に関する宣言」に絡めて皆さんが持論を展開されました。

※「図書館の自由に関する宣言」は民間団体の定めた宣言・ガイドラインです。そのため、この宣言自体に法的拘束力はないのですが、図書館がよりよい図書館であるために議論する際には欠くことの出来ない考え方の基盤となっています。

 

耳をすませば」の描写で何が問題なのか?

前置きが長くなってしまいましたね。ここから本題に入ります。

 「耳をすませば」で利用されていた貸出カードは、本の後ろにしまってあって利用者が記名する形式でしたね。これを「ニューアーク方式」と呼ぶのですが、この形式の貸出カードの問題点に利用者のプライバシーがダダ漏れという点が挙げられます。雫や聖司が読んだ本は、貸出カードを見ればすぐに分かってしまいますね。

実はこの形式、先に挙げたようにプライバシー保護の観点から映画公開時の1995年、公共図書館においては既に使用されていなかったんです。

(学校図書館では各校でまちまちです。教育機関として児童・生徒への読書指導や単純に資料管理の観点から長くニューアーク方式を用いた学校もありますが、現在は学校図書館もほとんどこちらを使用していないのではないでしょうか?わたしが小学生の頃は個人所有の貸出カードに書名を記入し、代本板として個人の貸出ファイルを書架に置いていました。)

けれど、映画の大ヒットで公共図書館のプライバシー保護に関する現状が間違って伝わってしまった。これに対して日本図書館協会は当時、抗議を行っています。

(現在はさらにプライバシー保護が徹底され、利用者の貸出履歴は直近のもの以外図書館員にも分からないようになっています。昔借りた〇〇の本何て言ったっけ!とか、聞かれても貸出履歴からは分からないし答えられないのです。もちろん、こんな内容なんだけど……といった事を話せばその情報から本を探すお手伝いはして下さいますよ。)

話を戻します。この件、制作陣に悪意があってこういった描写がされたわけでないことは分かっているんです。けれど、こうして「貸出カードから個人情報を得る」ということをまねっこされてしまってはダメなんです。

 

好きな人の読んだ本、興味のあるジャンル。めちゃくちゃ気になりますよね(笑)その気持ちはよーく分かります。でも、自分の借りた本が知らないところで誰かにバレてるのってちょっと気持ち悪くないですか?

それに、図書館で借りる本って小説だけじゃないですよね。例えば病気とか、心の問題とか、家庭の事情とか。これに限らず、すごくデリケートな部分に関わる本ってたくさんあります。それを読んでたこと、知って欲しくない人に知られたらイヤじゃないですか?

例えばわたしがある日突然痔になって、医者にかかってもなかなか治らない。どうしたものかと思って図書館で「痔の治し方」みたいな本を読み漁っていたこと、いつの間にかどこからかバレていて、言いふらされてたらイヤです。これでも女性なので、なかなか恥ずかしくて外に出られなくなるかもしれない!(笑)

悪いという自覚なく行われることって怖いんです。極端な例ですが、ストーカーが誰かを追っかけ回しておいて「ちゃんと帰れるか心配だから見守ってあげてただけ」とか言うような。やった本人はダメだって思ってないんです。

わたしも何気な〜くTwitterのトレンド「図書カード」から関連ツイートを見ましたが、「図書委員だから好きな子の借りた本探ってる(笑)」みたいなツイートをいくつか見て背筋が寒くなる思いでした。あっ、まだまだこういうのがダメなことって意識は浸透してないんだなあ。って。

 

今回思ったこと

改めて「耳をすませば」を観たことで、自分の中でもプライバシー保護等の問題を考え直すきっかけになりました。

あれこれ言いましたが、わたしは創作は創作と割り切っているので「耳をすませば」という作品が悪だとは思いませんし大好きです。というか、これに限らずジブリの作品がとっても好きです。

子供の頃観た、きらきらして夢に溢れた素敵なお話。このお話が、大人になった今違った角度から自分に影響を与えてくれたことをとても嬉しく思います。そして、自分が学んだことはきちんと自分の中に残っていたんだって実感させてくれました。毎日毎日夜のコマだからしんどかったけど頑張ってよかった〜!って思います(笑)

純粋にお話を楽しんでいる方からしたら、二人の出会いにごちゃごちゃ言って感動に水をさすなよ!って思われるかもしれません。この問題をご存知の方からしても、覚えたばっかりの知識であれこれ言うな!もっと触れなきゃいけない部分があるだろ、って思われるかもしれません。

でも、わたしはこれが記事を見てくださった方にとって何か考えたり、この件に気を留めるきっかけになればいいなあと思っています。もし誰かの貸出履歴をこっそり見ている人が周囲にいらしたら、こっそりダメよって教えてあげて欲しいなとも思います。

わたしはいつも自分の考えが絶対に正しいと思えません。言葉足らずだし、自分の意図したところを誤解なく伝えることもむずかしいなあと常々感じます。

みんな考え方はちがうのだし、何をもって正解とするか?正解があるのか?たくさん悩みます。皆さん思うところはあると思います。だからこそ、いろんな方の意見を知りたいです。

 

最後に。わたしがこの学問に触れるきっかけを作ってくれた母と、知識を授けてくださった先生方に感謝の気持ちを示したいと思います。

さいごとさいしょ

雑記

ブログなんていつぶりでしょうか。

昔(といっても4年くらいだけど)前はAm○baにいたっけなあ、当時はフィルタリングのせいでA○ebaとya○logしか見られなかったんです。

周りの女の子たちはC○OOZとかのかわいいのやっててさ〜!ちょっと羨ましかった思い出があります。

 

今日はわたしにとって人生最後の日のひとつでした。最後に普通の講義を受ける日。所用があって本当に最後のコマには出られなかったんですけどね。まだ試験や課題や検定は残ってるけど、普通の学生でいる日は最後でした。自分なりに悩んだこともあったけど、ここに来てよかったなあ。

 

そしてもうひとつ、最初の日のこと。ブログが〜とかそういうのもあるんですけど、それよりもっともっと自分の中で嬉しく思うことがありました。

 

道重さゆみ再生の詳細が発表されました。

決まりました!|道重さゆみオフィシャルブログ「サユミンランドール」Powered by Ameba

わたしの敬愛してやまない、だ〜いすきなアイドル。2014年にモーニング娘。'14を卒業されて以来、実に2年もの間どうしているのかさっぱり分からなくて寂しかったんですけど。

Tシャツの「道重再生」といい、復活までのカウントダウンといい。そして本当の再生の日まで公にはまったく姿を見せずに、あの頃と同じように努力を続けるひたむきさ。

ずるいなあ、同性ながらもっともっと好きになってしまいます。

少々プライベートが立て込んでいまして、予定を擦り合わせられるか分からないんですけど、また進化してこの世界に戻ってきてくれる道重さゆみさんを応援できること、とっても嬉しく思います。

いつか娘。現役メンバーと共演することはあるのかな?そのときはまーちゃんも具合が良くなってステージに戻ってきてくれているといいなあ。

「道重再生」の、新たな最初の日が素敵なものになりますように。